コラムです

2022.04.26

私たちの日常生活に欠かせない衣類の製造、流通、販売を担うアパレル業界。シーズンごとにファッションのトレンドが発信され、華やかな雰囲気のある業界ですね。お洒落が好き、ファッションに関心がある、好きなブランドがある、という就活生に特に人気のある業界です。

今回は、そんなアパレル業界に興味を持つ就職活動中の皆さんに、アパレル業界の歴史から、概要、市場規模、最近の動向のほか、気になる年収やアパレル業界に向いている人物像などを紹介していきたいと思います。

目次

オーダーメイドからファストファッションまで。アパレル業界の歴史

はじめにアパレル産業の歴史をざっと振り返ってみましょう。戦前、衣類はオーダーメイドで作られるのが一般的でした。戦後の1960年代になって既製服が普及し始め、日本のアパレル産業が確立されたと言われています。

  • デザイナー、パタンナー
  • MD/マーチャンダイザー
  • 生産管理
  • PR / 広報

アパレル業界をバリューチェーンの視点で見てみる

見出し見出し見出し見出し見出し
大量生産ロスを無くすことで、高品質な衣服を適価で提供することができ、自社サイトや新宿高島屋で、カスタムオーダーのワンピースやスーツを販売しています。 顧客の要望に応える仕組みと、国内アパレル製造業(縫製工場)の生産性向上により、新興国との競争にさらされない高付加価値な製品・サービス提供のビジネスモデルへの変革を目指しています。

国内アパレル業界企業分類

ダミータイトル ダミータイトル ダミータイトル
ダミータイトル ダミータイトル ダミータイトル
ダミータイトル ダミータイトル ダミータイトル

マーケティング戦略や在庫管理

バリューチェーンの全て、もしくは多くの部分を管理し、消費者のニーズを素早く企画にあげる事ができるのが強み。マーケティング戦略や在庫管理を徹底する事で無駄の無い生産を実現する事ができ、競争優位性が高くなっています。

一方、日本のアパレル市場は輸入浸透率が増加し続けており、2017年には97.6%までに達しています。このため、国内のアパレル市場規模は、供給量が20億点から40億点程度へとほぼ倍増しているにもかかわらず、バブル期の15兆円から10兆円程度に減少。衣料品の購入単価・輸入単価は、1991年を基準にした場合6割前後の水準に下落しています。

代表的なアパレルメーカー

マーケティング戦略や在庫管理

  1. デザイナー、パタンナー
  2. MD/マーチャンダイザー
  3. 生産管理
  4. PR / 広報
アパレル業界の
「これだけは押さえておくべき」
最低限の知識資料ダウンロード1

アパレル業界の「これだけは押さえておくべき」最低限の知識等をはじめ、様々なテーマのアパレル業界に関する、自主調査を資料にまとめました。

資料ダウンロードはこちら
糸へんのものづくりは、
情熱があれば、それでよし!
その夢、目標、応援します!

糸へんに関するものづくりのことなら、どんとこい!
創業もうすぐ100年の小倉メリヤス製造所は、糸へん業界の
応援団!あなたの熱い想いを応援します。
まずはご相談ください!ぜひお気軽にお問合せください。

03-3622-5082

(月〜金 9:00〜17:45)

お問い合わせ

難しいと思われること、
他の工場では
めんどくさがられること、
どんとこい!

小倉メリヤス製造所は
捨てないものづくりをする縫製工場です

私たち小倉メリヤス製造所は、未来を担う子どもたちのために持続可能な社会を作るべく、SDGsに積極的に取り組んでおります。

環境に配慮したものづくりを応援しています!「社会問題をアパレルを通して解決したい」という熱い思いをお持ちの方、ぜひお気軽にご相談ください。

  • サスティナブルブランドの立ち上げ
  • 再生可能な生地のご提案
  • 余剰在庫を無くす為の受注生産対応
  • 廃材を使用したワークショップの取り組み
  • アパレル業界の問題と課題に取り組む
    セミナーやワークショップ
scroll
top